インシデント管理

業務内容が複雑になってきている近年、インシデント管理はアクシデントを招いてしまうことを避けるためにシステム化しておくべきです。セキュリティー面においても課題は多く、さまざまな事案に対応するサービスがあります。もしも社内にセキュリティーに関するインシデントに対応する先がない、社内のセキュリティー管理に不安がある場合に利用すると便利なサービスです。例えば組織をサイバー攻撃から守るため、起こり得るインシデントを予測し、解決するためのアドバイスをしてくれます。一時的な対策だけでなく恒久的な今後の対策案なども提案してもらえ、社内の体制に不安を抱えている場合に大変心強いです。緊急度の高いインシデントにも早急な対応をしてくれるなど、インシデント予測サービスはメリットが大きいです。

インシデント管理サービス導入で大幅コストダウンが実現

インシデントとはトラブルにまでは至らず、未然にトラブルを防ぐことができた場合のことを言い、セキュリティー面だけでなく人為的なインシデントも原因となります。インシデント管理サービスを利用する企業は多く、インシデントの受付から分類、優先順位の設定、担当者の自動割り当て、調査と判断、回答、解決の流れでワークフローを管理できるといったサービスがあります。インシデント管理システムを組み込むことでスムーズに解決、包括的に管理できるようになります。これによりサービスデスクや保守に関わる業務などの品質が向上したり、業務の連携や引き継ぎなどにも活用できるなど、オペレーターの数削減、保守メンテナンスの削減などから大幅なコスト削減が実現できます。多くの企業で導入されており、どんどんインシデント管理サービスの活用事例は増えています。

インシデント管理で選びたいサービスデスクツールについて

サービスデスクの業務は煩雑化してきており、インシデント管理が不可欠です。サービスデスクにはいろいろな形態があり、アウトソーシングサービスとして利用している企業も多いため、インシデント管理の方法もさまざまな形態があります。サービスデスク業務の標準化や効率化はもちろん、運用品質の向上、AIにより未知の障害にも対応可能のもの、インシデントの分析、ノウハウのナレッジ化などもでき、自社に最も合ったサービスデスクツールを選びましょう。サーバーを設置するタイプやクラウド環境で使用するタイプもあります。実際に使用するスタッフと共に比較検討しましょう。機能が豊富であることを重視するのではなく、自社の環境やメンテナンスのしやすさ、機能の拡張性など、運用しやすいツールを選ぶことが大切です。