インシデント管理

近年インシデント管理について大きな注目を集めています。インシデント管理とは企業などに.おいて情報を管理するなかでシステムを利用者が正常に利用できなくなるようなインシデントを取り除いたり、対応することでシステムを正常に利用できるように導くことをいいます。最近では多くの企業がコンピューターシステムを活用し、情報を管理することがほとんどです。また顧客に対してアクセスしてもらうホームページを持っている企業も非常に多いです。そのためこうしたインシデント管理をどのように行っていくかが非常に需要であると言えます。またインシデント管理は単に対応すればよいといいわけではなく、より早く、迅速に対応することが非常に重要であるといえます。インシデントはシステム障害や故障とは異なり、利用者が使えないということがインシデントで、あくまで利用者が利用できるようすることがインシデント管理です。

インシデント管理で注目されるサービスとは

近年インシデント管理に重要性が注目を集めている中で、こうした管理に対して別の業者に委託するという企業も増加しています。多くの企業がコンピューターシステムを導入する中でこうした管理に対して、対応できる人材が社内に不足していることが問題視されています。またどれだけ準備し、保護できるように努めていても、インシデントは必ず発生してしまうというのが現状です。しかしこうしたインシデントに関して効率よく対応することこそが、保護やダメージの軽減につながります。業者に委託することで、専門家による監視や分析のサービスを提供してくれるところもあります。インシデントに対してどんな問題点が発生しているのか、またはどのように対応すべきかを早急に提案してもらうことができるためこうしたサービスの利用を行うことでより有力なインシデント管理を行うことが可能となります。

過去のインシデントからインシデントの発生数を予測する方法とは

インシデント管理を行う上でどんなに予防しても発生してしまうインシデントに対して、どの程度の数が発生してしまうのかを予測し、これにより経費を削減できたという事例もあります。インシデントを予測する方法としては過去1年間に発生したインデントの件数を月別に集計し、それぞれの中央値を算出します。この中央値に月別で係数を算出しインシデントの発生件数を予測することができます。インシデント管理を行う上でその人員にかかるコストは大きなものです。しかし発生しなければ多くの人員は必要ではありません。そのためインシデントの発生件数が予測することができれば、インシデント管理を行う人員を常に多く抱えるのでなく予測される発生件数が上限に達するときだけ人員を増やすことでコストを最小限にとどめることができるようになるのです。