インシデント管理

仕事中にシステムの不具合が起こったり、ちょっとしたミスからシステムを使うことができなくなったという経験を持っている方もいるのではないでしょうか。このようにミスやシステムの不具合によってシステムを使えなくなる案件をインシデントと呼びます。インシデントは、システムの利用者がしようと思っていることができなくなる状態や、何もしなければ大きなトラブルに繋がる危険性がある状態を指しますが、そうなってしまうと仕事に支障をきたす可能性が出てきます。そこで必要となってくるのが、インシデント管理です。インシデント管理とはインシデントが起きたときの内容を管理・分析をして対応することで、ビジネスに与える影響をできる限り最小限に抑え、速やかにITサービスやITシステムを復旧させることを目的としたプロセスを指しますが、インシデント管理を行うことは、ビジネスにとってどれくらい重要なのでしょう。

インシデント管理が重要な理由とは?

インシデント管理は、ビジネスにおいてなぜ重要なのでしょう。例えば、仕事中にインシデントが起こってしまったとします。インシデントとはシステムは利用したくても思ったように利用できない状態ですから、仕事が思うように進まず仕事効率が低下する可能性があります。この状態が長く続けば続くほど、企業全体に影響を及ぼす可能性も高まってきます。そのため、インシデントが起こったときには、迅速にシステムを元の状態に戻さなければいけなくなります。なぜインシデントが起こったのか、誰がどのように対応すればいいのか、急いで対応しなければいけないのかなど、インシデントへの対応をすることが重要になってきます。インシデント管理は、このプロセスや時間を記録して管理することで、次にインシデントが起こったときにより早く解決することができるようになるため、ビジネスにおいて重要であるといえるのです。

インシデント管理でトラブルを未然に防ぐことができる?

インシデント管理を行うことで、次にインシデントが起きたときの対応を迅速に行うことができます。しかし、いくら迅速に対応ができるからといって何度もインシデントが起きてしまえば、企業の信用低下を招いたり、仕事のパフォーマンスが何度も落ちてしまうことになってしまいます。そうならないためには、インシデント管理を行うことでインシデントが起きそうな状態のときに素早く対応し、インシデントを未然に防ぐことが重要になってきます。しかし、自社でインシデント管理の体制を構築することは簡単ではありません。そこで、インシデント管理を行ってくれるサービスを利用することを検討してみましょう。インデント管理を行ってくれるサービスを利用することで、社内でインシデント管理体制を構築する必要はなく、サービスによっては新たなシステム導入の必要はありません。トラブルを未然に防ぐためにも、サービスの導入を検討してみましょう。